ついに来た! 「Arc A750」のスペック紹介評価

Arc A750
  • URLをコピーしました!

intelの本格GPU、「Arc A770」の廉価版、「Arc A750」の紹介とスペック詳細、評価のほうをしていく!

このGPUは Arc A770とともに10月12日に発売されるモデルで、Arc A770の廉価版的な立ち位置だ。
また、このGPUより先行に Arc A380が投入されていたが、現時代のゲーム用としては使いにくかったが、今回のA770と、ともにこのGPUは本格的なゲームとして遊べるものである。

目次

Arc A750のスペック詳細

スクロールできます
内容/商品名 A750A770
16GB
A770
8GB
A380
CUDA3584409640961024
ベースACM-G10ACM-G10ACM-G10ACM-G11
Xeコア【RTコア】2832328
ベースクロック2050MHz2100MHz2100MHz2450 MHz
メモリパス256bit256bit256bit96 bit
メモリ容量GDDR6 8GBGDDR6 16GBGDDR6 8GBGDDR6 6GB
メモリ転送レート16Gbps17.5 Gbps16 Gbps15.5 Gbps
TDP225w225W225w75 W
推奨電力550w650w?650w?
米ドル価格289ドル349ドル329ドル189ドル
日本円価格推定4万円推定6万円推定5.5万円
発売日2022年10月12日2022年10月12日2022年10月12日

製造メーカーはTSMCで6nm

半導体の製造メーカーはTSMCである。
サイズは7nmの改良版で、TSMC N6と記載。

これは Radeon RXseriesやRyzen seriesのCPUと同じであるが、違いとして相手側は改良版じゃなく、標準である。


なお、NVIDIA RTX30seriesはSamsung の8nmなので、これよりかは小さく、大きなダイサイズを敷き詰めることができる。

コア数はNVIDIAに準じて量が多め

コア数は RTX 3060と同じく 3584コアと多めである。
A 770と比較して400程度減っており、一見見たところあまり変わらない。

性能はあとに詳細に記載されるが、Arcの商品はNVIDIAのRTX 30seriesに準じたコア数、ビット数多めでキャッシュ少なめの構成である。

256bit、8GBメモリは果たして対抗できるのか?

A 750は256bit、8GBメモリであることから、一見して RTX 3060 Tiをシェーダーから削ったような見た目だ。
8GBメモリということもあり、4Kのプレイはかなり厳しいだろう

Arc A750は消費電力が高め

A 770と同じく A750でもかなり消費電力が高めである。
シェーダー数がそれぞれ4096と3584、メモリ転送量的に17.5 Gbps16Gbpsなので、実際には消費電力の方は大きく違ってくるだろう。

A 770A750RTX 3060RTX 3060 TiRTX 3070RX6600RX6700XT
225W225W170w200w220w132W230w

重さは標準並

GPUの重さは、約1.06kgほどでミドルクラスのGPUにしては重いといえるが、A770と比較すると10グラムほどだが軽い。
しかし、実際にメーカー品になるとほとんど変わらないだろう。


競合相手の RTX 3060は760グラムほどなため、3割ほど重い、ハイエンドほどまではいかないが、RTX 3060 Ti並に重いため、そこは気をつけよう。

価格

A 770A750RTX 3060RTX 3060 TiRTX 3070RX6600RX6700XT
349ドル289ドル329ドル399ドル499ドル239ドル379ドル

価格は289ドルで、今日他社であればRTX3050の249ドルより少し高め、RTX 3060の329ドルより格安という立場である。
この手の戦略の場合、だいたいは格安で性能を良さで競争するが、この289ドルの価格は意外と空白地かもしれない。

AV1エンコード対応

AV1エンコード
A770A750RTX 4090
349ドル289ドル1599ドル

A770と同じくA750も AV1エンコードが適応される。

A770より手頃な金額であることから、AV1エンコードで現実的に行うとしたら最安と言える。
ただし、AV1は相当な処理が求められているため、性能的に間に合うかどうかで8GBのメモリでも足りるのも気になるところだ

Arc A750のベンチマーク

さて、Arc A750のスペックはどのくらいなのか、確認してみよう。
なお、Arc Aseriesはdirect X12Ultimateに最適化されており、X11とかのゲームがまだ残る中で果たして問題なく性能発揮できるか

PCゲーム:水準

PCゲームの平均フレームレートは以下の通り。
Arc A750はWQHD程度までであれば60FPSを維持できることを確認した。

平均フレームレート
【フルHD】
RX 6950 XT
184.0
RTX 3090 Ti
181.7
RX 6900 XT
175.5
RTX 3090
172.0
RTX 3080 Ti
170.2
RX 6800 XT
168.8
RTX 3080 10GB
158.0
RX 6800
150.4
RTX 3070 Ti
140.3
RTX 3070
134.5
RTX 2080 Ti
134.1
RX 6700XT
130.8
RTX 3060 Ti
121.1
RTX 2080 
112.6
A 770 16GB
98.8
RTX 3060 
94.8
RTX 2070
92.9
A 750
92.7
RTX 2060 
79.2
RTX 3050
69.2
GTX 1660 SUPER
66.1
RX6500XT
47.6
GTX 1630
24.2
平均フレームレート
【WQHD】
RTX 3090 Ti
155.5
RX 6950 XT
150.3
RTX 3090
143.2
RX 6900 XT
142.5
RTX 3080 Ti
141.6
RX 6800 XT
135.9
RTX 3080 10GB
128.8
RX 6800
120.6
RTX 3070 Ti
111.1
RTX 3070
105.6
RTX 2080 Ti
104.7
RX 6700XT
99.6
RTX 3060 Ti
92.1
RTX 2080 
85.1
A 770 16GB
79.4
A 750
73.9
RTX 3060 
70.8
RTX 2070
69.6
RTX 2060 
58.6
RTX 3050
51.1
GTX 1660 SUPER
48.5
RX6500XT
32.2
GTX 1630
16.6
平均フレームレート
【4K】
RTX 3090 Ti
104.3
RX 6950 XT
93.2
RTX 3090
93.0
RTX 3080 Ti
92.3
RX 6900 XT
87.0
RX 6800 XT
81.8
RTX 3080 10GB
81.0
RX 6800
71.3
RTX 3070 Ti
67.4
RTX 2080 Ti
63.6
RTX 3070
63.2
RX 6700XT
55.7
RTX 3060 Ti
54.6
RTX 2080 
50.2
A 770 16GB
48.8
A 750 
44.6
RTX 3060 
41.4
RTX 2070
40.7
RTX 2060 
32.1
RTX 3050
29.1
GTX 1660 SUPER
26.2
RX6500XT
14.9
GTX 1630
9.0

Arc A770と同じく A750でもWQHDまで快適にプレイできることがわかる。

A 770:各ゲームプレイ快適度

ゲームタイトル/解像度1920×10802560×14403840×2160
Control
Battlefield V
Borderlands 3
Cyberpunk 2077
Deathloop
Far Cry 6
F1 22
Guardians of the Galaxy
Metro Exodus
Red Dead Redemption 2
Watch Dogs Legion
◎…144FPS以上、○…60FPS以上、△…30FPS以上、☓…それ以下

A750 消費電力

Arc A750の消費電力は少し高めの200w前後だ。

待機電力
RX6500XT
2w
GTX 1630
4w
RTX 3050
7w
RX 6950 XT
7w
RX 6700XT
7w
RTX 2060 
8w
GTX 1660 SUPER
9w
RTX 3060 Ti
9w
RTX 3060 
9w
RTX 2070
10w
RTX 2080 
11w
RTX 3070 Ti
11w
RTX 3070
11w
RTX 2080 Ti
14w
RTX 3090 Ti
15w
RTX 3080 Ti
16w
RTX 3090
18w
RTX 3080 10GB
19w
RX 6800
28w
RX 6900 XT
28w
RX 6800 XT
29w
A 750
39w
A 770 16GB
44w
ゲーム電力
GTX 1630
49w
RX6500XT
89w
GTX 1660 SUPER
125w
RTX 3050
133w
RTX 2060 6GB 
164w
RTX 3060 
183w
RTX 2070
192w
RTX 3060 Ti
199w
A 750
203w
RTX 2080 
212w
RTX 3070
220w
RX 6700XT
221w
RX 6800
223w
A 770 16GB
232w
RTX 2080 Ti
265w
RX 6800 XT
292w
RTX 3070 Ti
298w
RX 6900 XT
302w
RTX 3080 10GB
318w
RX 6950 XT
341w
RTX 3080 Ti
354w
RTX 3090
355w
RTX 3090 Ti
445w

まず、消費電力は200wほどと少し高め、RTX 3060 Tiとほぼ同等レベルであり、表記している225wとは合わない数値。
これは性能が大きく違っているから消費電力は落ちる。

一方の待機電力については39wとかなり高めだ、これについては無視できないほどのちょっと高い。
A 770でも同じく、インテルのGPUでは弱点でもあるだろう。

Arc A750はどういった人向け?

Arc A750は A770と比較してメモリは8GBしかないが、やはり価格の安さだろう。
まず、289ドルという価格で、RTX 3060を少し超えるほどというのは魅力的でもある。

また、まともにAV1エンコードが安くて使えるのになったのもこのモデルとA750からだろう。
RTX 4090と違いスペックはそこまでとは言えないがミドルクラスが出てくるのはもう少し時間がかかる、それまでは独占状況だ。

フルHDゲームWQHDゲーム4Kゲーム8Kゲーム動画編集
◎…快適、○…可能、△…妥協、☓…不適正

Arc A750の総合評価

Arc A750の総合評価は以下の通りだ。
価格はRTX 3060に対抗できる性能を持ちながらも価格が安いのが強みだ。

ただし、開拓がはじまったばかりなので動作不具合の心配がある、消費電力が高めなのは気になるところだ。

性能
ゲーム評価
レイトレ評価
クリエィティブ評価
消費電力
価格
全体評価
Arc A770 良い点
  • RTX 3060とほぼ同等で価格は40ドル安い
  • レイトレの4K環境には強め(ただし快適と
    は言えない)
  • 格安でAV1エンコードが使える
Arc A770 悪い点
  • 待機電力、アイドル時の消費電力が非常に高い
  • 144FPS、4Kプレイは困難
  • 新しく行っている事業のため不具合の不安要素がある。
Arc A750

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次