重要:ブログ再編に伴いマイクラに関連する記事はマイクラにすべて移転しました詳細はこちらへ!

BASEのグロースプランが大幅に値上げ!理由を解説していくよ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
にゃもも

大変だ大変だにゃー!!
なんとあの大手BASEがついに値上げという話が来たのにゃー!!

ゴールドコイン

あーあ、BASEプランの値上げの件か…!
まあ、しゃーないだろうなー

2023年11月、BASEが突然有料プランの料金を大幅に値上げすることを発表しました。

くろと

どれほど上がるんだろうね??

今回の値上げはかなり大きいものと言えるほどのレベルで、今まで使っている方は目が離せない内容でした。

という感じで今回はBASEの有料プランについて

こんな悩みを解決!
にゃもも

いつから上がるんだろう~

くろと

なぜBASEはこんなまで値上げするのか…謎

について詳しく解説をしていきます!

ショップ開設はこちら

\無料でショップ開設!30分でお店が作れる/

目次

BASEの有料プランが大幅値上げ

BASEの有料プランは、スタンダードプラングロースプランの2種類がありますが、そのうち変更があるのはグロースプランのみとなります。

グロースプランの値上げの理由

まず、BASEがグロースプランの値上げを行う理由の背景として「大規模ショップ」を利用しやすくするために新たな機能を取り入れたり、サービス向上を図ったりするために値上げをするとのことです。

くろと

最近個人だけじゃなく大きな企業でも利用する方もかなり増えてきましたからね~

ゴールドコイン

まあ確かに一理はあるな!
けどここんとこECショップの競争も激しいし、なにより連携先も増えてきて複雑化しているのもある。

というようにBASEは年々ショップの利用しやすいようなサービスを提供しながらも、個人でも始めやすくてプライバシーを守れるため年々増えてきています。

またこれだけ便利な機能があるのにも関わらず2.9%の決済手数料(スタンダードは6.6%+40円)という破格な安さだったので大規模企業からすればかなり儲かっていました。

くろと

他のところをざっくり調べたら有料プランはどれも3%以上だったのでグロースは手数料は安いとか言うのは間違いないね

BASESTORESShopifyカラーミー
ショップ
決済手数料2.9%3.6%3.4%~4.0%~
有料プラン比較
ゴールドコイン

まあ、これはあくまでも決済手数料だけの話だ。

グロースプランとスタンダードプランの値上げ比較

今回の値上げにより、グロースプランは月額4,980円(年額の1ヶ月あたり)から16,580円に値上げされます。

プラン旧料金新料金値上げ率
スタンダードプラン0円0円据え置き
グロースプラン4,980円16,580円+232%

発表された改定料金とその詳細

プラン月額料金年間料金
スタンダードプラン0円0円
グロースプラン4,980円198,960円
くろと

あらぁ…すごい勢いで値上げたね…これは流石に店側は苦しいんじゃないかなぁ…

ゴールドコイン

それがそうでもないんだよな~
まあ無料であっても機能はほとんど変わらんし、変わったのは17~49万円の売上が対応が変わること。
50万円以上の方は負担率が増加したことだな…

というように値上げの中でもかなり大きな額と言えるレベルぐらい今回の値上げは衝撃的なものと言えるでしょう。

値上げ予定日と契約方法

にゃもも

新しい価格はいつからなんにゃ??

2024年1月16日以降に新規契約を開始したショップから適用されます。

そのため1月15日までに契約をすれば引き続き旧料金で契約を実施することができます。

くろと

新規の場合だと今すぐにやれというのはわかったけど…すでに契約をした場合はどうするんだろう?

更新の場合はその次の更新期間が1月15日までかどうかで新料金なのか、旧料金なのか変わってきます。

1月16日以降の契約更新の場合は金額が新料金に適応されるため、この点は旧料金と間違わないように注意しましょう。

値上げを受けての対策とは?

今回の値上げは、BASEを利用するショップにとって大きな負担となります。

今回の大幅な値上げを受けての対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 月間手数料の削減に努める【手数料50万円超えるかどうか?】

手数料対策

一方でスタンダードプランは決済手数料が少し高い3.6%と40円をさらに加えてサービス利用料3%が加わります。

にゃもも

要するには、グロースプランは先払い、スタンダードプランは後払いという感じで良いのかなぁ?

ゴールドコイン

大体はあっているけど、正しくは売上によってだな!

値上げ後の月間手数料

値上げ後の月間手数料は、以下のようになります。

プラン旧料金新料金
スタンダードプラン(決済手数料)3.6%+40円変更なし
スタンダードプラン(サービス利用料)3%変更なし
グロースプラン2.9%変更なし
くろと

今回は利用と決済の手数料には変化ないんだね

グロースプランの大幅な値上げはされたものの今回は手数料に関しての価格は変化はありませんでした。

また、決済手数料やサービス利用料の他に「Amazon Pay」や「Paypal」で支払いがあった場合は加えて1%程度の手数料が発生します。

BASEかんたん決済

BASEかんたん決済を使うことにより手間がかかる決済方法をこれ一つで完結だけで終わらせることができます。

またこの手数料はクレジットカード会社といったの売上による支払い手数料が含まれています。

な手数料はBASEの収入もしくは決済会社の利益となっており、基本的にこの数値だけが引き抜きのみとなります。【ただし「Amazon Pay」や「Paypal」で支払いがあった場合は加えて1%程度の手数料が発生】

ゴールドコイン

クレジットカードの売上相場が3.2~3.7%と考えると2.9%はたしかに破格だ。

このように手数料が少し安くなるだけじゃなく、決済会社によって手数料が異なるため一律になっているため手間が省ける上に計算しやすいのもBASEの強みとも言えるでしょう。

売上で割安判断しよう

これまではグロースプランなどの値上げやスタンダードプランとの比較を解説していきましたが

グロースプランはたしかに高いものの今回の価格の値上げは大規模な売上を想定した方向けに方向転換だったため、これまでのグロースプランは月商17万円以上は有料がお得だったのが50万円以上の水準に引き上げられました。

にゃもも

つまりはこれからは17~49.9万円の方はスタンダードの方がお得になるわけね。

くろと

プランは無料になるものの、その代わり手数料が上がるということか…

なので、これまで月間売上17万円ぐらいだった方と49万円の方では手数料や有料プランの負担率が売上が低いほど損する仕組みになっている点は注意しておきたいですね。

一方で50万円以上の方は引き続きグロースプランがお得になります。

ゴールドコイン

しかも上限や変動がないので、売上が多いほどお得なのはこれまでと同じだな。

プランは1ヶ月か年額に応じて対応可能

有料プランは1ヶ月もしくは1年払いの期間で契約を結ぶことができます。

業者によっては時期的に一時的に売上が爆伸びする時がある場合がございます。

そのため売上が大きく伸びそうなときにすぐに有料プランへ切り替えることもできます。

注意点として有料プランは1ヶ月もしくは1年なのと、先払いでかつデジタルサービスなので返金を行わず期間終了まで有効になる仕組みになっています。

そのためグロースプランへ支払う際に売上月50万円が超えるかどうかを見込みをしながら選択しておきましょう。

値上げ後のBASEのメリットは?

値上げに合わせて、BASEには以下の新機能が追加されます。

これらの新機能は、ショップの売上アップに貢献する可能性を秘めています。

値上げ後のBASEを利用するメリットとは?

今回の値上げは一方的な価格上昇なことが多いためあまり正直メリットを感じられない方もいるでしょう。

けどスタンダードプランや拡張機能の多さには変化がないので相変わらず万能性の高さは高いでしょう。

にゃもも

BASEが人気があるのは初心者からプロまでいろんな方が不満なく長く使えるように設計しているからね~

ゴールドコイン

WEBサイトの操作は正直だるい、だから長く使えるような仕組みがとてもありがたいぜ

また、2022年と2023年の円安情勢から考えると商品の値上げが多かったので、これまでが大企業からすれば相場にして異常に安かったかもしれません。

くろと

今色んな場所が値上がっているからね…
その流れか…!

ゴールドコイン

でも今回は売上の割合に変化がなかったのは事業者にとっては救いかもな。

なので商品の売上がたくさん多く見込めるのであればやはりBASEがいいでしょう。

新しい機能も続々増加

価格上昇した分は新たな機能を様々なところで増やされる形で登場します。

確認している限りでは以下の6つがアップデートされる見込みです。

  • AIアシスタント機能【新たに3つ追加】
  • メンバーシップApp
  • 販売パートナーApp
  • PayID
  • 送料詳細設定App
  • 海外販売代行App

その中でも特に注目をしておきたいのが最後の6番です。

海外販売の機能はすでに実装されているものの、日本語が日本人しか普及してないため英語化などで他の言語に切り替えるのが難しかったり通貨問題というのが課題でした。

にゃもも

最近はBardとかのAiチャットで翻訳はできるようになったけどやはり難しい…

そのため今後どのように手軽に販売しやすくなって拡充されるかどうかは注目です。

くろと

あとは個人的に5番の送料とか2番のメンバーシップは個人勢には目が離せない機能ですね!

BASEの値上げに関するまとめ

BASEの値上げは、BASEを利用するショップにとって大きな負担となります。

値上げを受けての対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 月額料金の年間費用と比較し、以下に手数料を減らせるかどうか
  • 値上げ後のBASEの新機能を活用して、売上アップを図り手数料割合を減らすか

BASEは、値上げ後も、販売手数料が安いことから、個人や小規模事業者や大企業にしてもネットショップの開設をハードルを下げてくれるサービスです。

ただし、今回の値上げの影響はある程度の売上がある方には大きいため、ショップの状況に合わせて、適切な対策を検討することが重要です。

ショップ開設はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次