最新版 おすすめのGPU ランキングとGPU市場状況

最新版!現在のおすすめ GPU
  • URLをコピーしました!

今現在のGPUの価格市場がどうなっているのか、どれを選べば損しないのか、最新の情報でチェックいたします。

この情報はできる限り早めに確実な情報を更新していきますが、一部把握できない可能性があります。

目次

NVIDIA GPU価格

  1. RTX 3070
  2. RTX 3060 Ti GDDR6X
  3. RTX 3060 12GB
  4. RTX 4070 Ti
  5. RTX 3050
  6. RTX 3080
  7. RTX 4090
  8. RTX 3070 Ti
  9. GTX 1650
  10. RTX 3060 8GB
  11. RTX 4080
評価買い時価格
(ドル)
適正価格
(日本円)
現在の価格
RTX 4090$1599¥298,000¥297,999
RTX 4080$1199¥ 219,800¥219,800
RTX 4070 Ti$799\ 168,000
RTX 3090 Ti販売終了¥ 327,800¥172,800
RTX 3090販売終了¥ 229,800 ¥179,219
RTX 3080 Ti販売終了¥ 179,800¥145,800
RTX 3080 12GB販売終了¥ 129,800¥127,803
RTX 3080 10GB$699¥ 109,800¥108,000
RTX 3070 Ti$599¥ 89,980¥78,980
RTX 3070$499¥ 79,980 ¥72,800
RTX 3060 Ti$399¥ 59,980¥60,980
RTX 3060$329¥ 49,980 ¥46,332
RTX 3050$249¥ 39,800¥32,766
RTX 2060 12GB$299¥ 44,980 ¥39,800
RTX 2060 6GB$299¥ 44,980 ¥35,979
GTX 1660 Super$229¥26,800
GTX 1650$149¥ 24,980 ¥19,800
GTX 1630$不明
¥16,800
GTX 1050 Ti139ドル¥18,980
GT 1030¥9,980
GT 101040ドル

Radeon RXseries

AMDは11月、ついにRX 7000seriesのGPUが発売すると公式に発表され、それに先立ち現在のGPUを値下げをしています。

  1. RX 7900 XTX
  2. RX 6700 XT
  3. RX 6600 XT
  4. RX 6800 XT
  5. RX 7900 XT
  6. RX 6600
  7. RX 6900 XT
  8. RX 6950 XT
  9. RX 6800
  10. RX 6650 XT
評価買い時価格
(ドル)
価格
(日本円)
現在の価格前回の最安価格
RX 7900 XTX
RX 7900 XT
RX 6950 XT949ドル¥149,800¥139,800¥142,980
RX 6900 XT699ドル¥127,800¥129,800¥129,800
RX 6800 XT599ドル¥118,778¥94,800¥92,800
RX 6800549ドル¥99,800¥79,800¥84,800
RX 6750 XT419ドル¥99,000¥59,800¥62,800
RX 6700 XT379ドル¥64,790¥54,800¥51,800
RX 6700不明¥61,182¥64,800
RX 6650 XT299ドル¥49,980¥41,799¥44,800
RX 6600 XT発売終了?¥36,800¥39,800¥43,758
RX 6600239ドル¥32,800¥32,800
RX 6500 XT169ドル¥24,400¥18,700¥18,800
RX 6400149ドル¥22,980 ¥18,800¥16,800

intel ARC

ついにCPU最大手のインテルでもGPUの発売開始!
なお、第1世代ではRTX3060以下をターゲットにA700とA300のみ発売している。

しかし円安のせいか A770はなんと7万円となっており、ミドルクラスでありながらかなり高めな水準に…

しかも、IntelのGPUはほかのメーカーに比べ販売数が圧倒的に少数なので見つけていくすら難しいです。

評価買い時価格
(ドル)
現在の価格現在の最安価格
A770329ドル¥69,800
A750289ドル¥52,832
A380129ドル¥28,980

GPU各種、価格状況

今年登場したGPUは主に「AV1エンコード」、「デュアルエンコード」を搭載している点が注目してもいいでしょう。

一方で現在の日本は円安という価格面で大幅に不利な立場になっており、米国と比べても平均賃金が低いのに、価格が2倍ほど高い状況になっており、購入のハードルはだいぶ厳しいのは続きそうです。

NVIDIA Geforce RTX 40 series

NVIDIA RTX 40series 8K GPU アピール
出典元:https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/40-series/

10月よりRTX 3080 12GB以上を対象にRTX 4090とRTX 4080 16GB、RTX 4080 12GB【後に販売中止】を9月に発表した。

RTX 30からの改良点として基本性能向上、消費電力の省エネ化、DLSS3に対応しよりFPSが出る、レイトレも高画質化、AV1エンコード機能搭載など様々なAI関連に対しての新機能が追加されました。

しかし、RTX 4080 12GBについては性能面的な立ち位置に対してにネーミングが問題になったのか販売が中止されました。
なお、製品自体は全く問題ないので後にRTX 4070 Tiにリネームされて発売されるとのことです。

くろと

まさかのいつも後発になる70Tiがこのかたちで先行系になるとは…(しかも実は 40でTiモデルは初)

一方で RTX 4090や RTX 4080 16GBは引き続き発売されることになったが、問題としているのがあまりにも高額すぎる価格。

RTX 4090が1599ドルで、特に問題となるRTX 4080 16GBが1199ドル、発売中止になった RTX 4080 12GBが899ドルでいずれも RTX 3080 12GBよりも上となる設定でした。

RTX 4090(先代 RTX 3090)

RTX 4090は1599ドルで、先代のRTX 3090が1499ドルなので、先代がコスパ悪すぎ不評だったのか100ドルしか上がるのみにとどまってますが円安のせいで日本円が30万円くらいと、かつてのRTX 3090 Tiと全く変わらない価格に。

円高になればもう少しは安くなるとは思いますが、RTX 4090が意外にも品切れになるほど人気商品だったので需要によりあまり安くは期待できなさそうです。

なお、RTX 4090は現在電源によるコネクターが溶ける問題がある模様で現在のところ安全面で見たら買うのは待ったほうが良さそうです

RTX 4080(先代 RTX 3080 Ti)

そして問題となるのが RTX 4080 16GB。

はっきりと言わせるとあまりにも「高すぎる」


これがRTX 3080の後継というより RTX 3080 Tiの後継ではないかと思わせるほど値上がりです。

ちなみに1199ドルって大人気世代のPascal時代の NVIDIA TITAN Xと同じ価格です。
日本円でも22万円と発売した当時のRTX 3090とほぼ同じ価格。

実際にレビューでもRTX 4090との性能差が2倍近くの結構差がある上に、RTX 4080の価格がぼったくりすぎることからRTX 4090と違い不評になっています。

また、ライバルのAMDと比較すると899ドルのRX 7900XTが10752コアで320ビットもあることから、コスパ面では圧倒的に厳しいと言えるでしょう。

おそらくこの収益狙いはRTX 4090はあまり売上期待できないから、主力となるRTX 4080やRTX 4070 などのメイン機種で大きく値上げて収益を大きくしていこうとメタボ方式で取ったと思います。

どちらにしても前者がコネクターによる安全面や後者が最悪なコスパなので現状は買いではないと断言できます。

あとは最後発のAMD次第です。

RTX 4070 Ti(先代 RTX 3080 12GB)

かつては RTX 4080 12GBを名乗っていたGPUですが、今後のリーク情報によれば2023年の1月にリネームされ RTX 4070 Tiとして発売されます。

リネーム格下げで番号は変更されたが、あのNVIDIAの発言では価格の期待はできなさそうです。
なお、性能はRTX 3090 Tiとほぼ同じレベルだそうです。

その後、1月5日に発売され、価格は799ドルと100ドルほどの値下げされます。
少なくとも RTX 4080より人気が出るため、同じ価格であるRTX 3080 12GBを買う方はこっちのほうが圧倒的に電力面も性能面もよいです。

RTX 4070(先代 RTX 3080 10GB)

通常であれば70の無印は一番先行に発表されますが、現在も発表されていません。
しかし、リーク情報が具体化されていたり、RTX 4070 Tiが販売、RTX 3080 10GBの在庫が少なくなっているところ見ると近いうちに発売される見込みです。

価格はRTX 4070 Tiが799ドルだったのをみるとRTX 4070は699ドルで発売されそうな見込みになりました。

どの程度のスペックはまだ詳細はわかりませんが 、数字上はRTX 3080 TiやRTX 3080 12GBに匹敵するじゃないかと言われており、これが本当であれば4Kの一番の売れ筋になるのではないかと思われます。

とはいえ、RTX 4070 Tiが値下げされコスパが格段に良くなっているところを見ると、スペック差が大きいのに100ドル差しかない RTX 4070はあまり良くないので、599ドルぐらいじゃないと厳しいでしょう

RTX 4060 Ti以下、未発表モデル(リーク情報)

RTX 4060 Ti以下についてはまだどうなるのか発表されてませんが、RTX 4080がかなりの価格だったので、それ以下の売れいきの良いモデルをメインに大幅な値上がりの可能性が高そうです。

DLSS3でコスパは多少良くなったと思いますが、RTX 4070では RTX 3090とほぼ同等、つまりは799ドルのRTX 3080 12GBとあんまり差がなさそうです。

なお、こちらが個人的な価格予想です。
※実際の価格はどうなるかはわかりませんのであくまでも参考に

RTX 4080 Ti$1399
RTX 4060 Ti$599
RTX 4060$499
RTX 4050 Ti$399
RTX 4050$299
RTX 4030?$199

NVIDIA Geforce RTX 30 series

RTX 40シリーズとは違い、DLSS2のまま、AV1エンコード未対応という見劣りがありますが、AV1デコードだけでもかなりの画質向上なため、現状でも十分と言える機能です。

また、性能面に対しても RTX 3070でも普段遣いには十分すぎるということなので基本的にGPU搭載を選ぶならこのモデル一択でしょう。

RTX 40seriesがかなり高額で発売されたため、RTX 30seriesはRTX 3080以下では引き続き併売されることになりましたが、表示されたRTX 3060から RTX 3080までのモデルはしばらくは残るものの、今後個人的な予測としてRTX 4070以下のモデルが導入次第発売が終了するよという意味を示しているのではないかと思われます。

実際にパソコンの店舗情報によればRTX 3080はラストチャンスと言っているほどで、今後近々上位モデルから置き換えが行われます。

一方で表示がなかった RTX 3050については今も発売されていることからしばらく数年程度は残り続けるかと思われます。

また、RTX 4090が発売時期に、RTX 3070 Tiの別チップ版やRTX 3060 TiのGDDR6X 、RTX 3060 8GBがラインナップに導入されました。

このような状況に新型が登場していくにも関わらず、旧モデルが追加バリエーションが入るなど最近は多いので、今後もRTX 30にはローエンドモデルを主に追加される可能性があります。

NVIDIA Geforce GTX 16/10 series

2023年現在でも、GTX 1650やGTX 1050 Tiが今でも現役で発売されており、終了したという噂は耳にしません。

しかし、いずれも2桁台のnmサイズであることから古いのには違いはなく、性能もかなり見劣りするようになっていることから今後のドライバー面やRTX 30seriesが安くなりつつあることからもう買うタイミングは過ぎたと思われます。

一方で、GTX 16シリーズに関しては最近は GTX 1660系統がようやく販売終了したものの
それ以下のGTX 1650やGTX 1630は現在のところ RTX 30シリーズが RTX 40シリーズに置き換えられるという時期に迫っているのにもかかわらず置き換えられる話が今もないです

GTX 1630にいたってはなんと2022年6月というつい最近デビューしているので、今後もしばらくなさそうです。

とはいえいずれも古く消費電力効率が悪い上にドライバーの期限が最近では9年ぐらいを考えるとGTX 10seriesは3年後、RTX 20、GTX 16seriesは5年後なのであまり寿命的に長くないし、最近は半導体も落ち着きが見え、RTX 3050が安くなってきていることからいずれも買い時期は終わったといえます。

AMD Radeon RX 7000series

ついに発表、今回の世代では一番期待ができそうなGPUと言えそうです。

最近、あの世界的な有名な半導体メーカーがTSMCが大幅な値上げを発表されている中で、RX7000seriesは TSMC製を採用しつつも今回は価格の維持をしてきました。

最初に登場するのはRX 7900XTX、RX 7900XTは、メモリがそれぞれ拡張され、最大384bit、GDDR6 24GBを採用されました。

なかでも面白いのは RX 7900 XTX、なんと価格は999ドルで発売され、最上位モデル同士でも600ドルも違う結果になりました。

ただしRX 7900 XTXの競合相手は RTX 4090じゃなく RTX 4080だったので、価格競争では200ドルほどの差ですが、それでもCUDA数やメモリでは圧倒的に有利なので、あとはレイトレ次第で今回は間違いなく強いと言えそうです。

AMD Radeon RX 6000series

RX 7000seriesが発表され、それ以前にまず価格の値下げが行われています。
現状は中位モデルがかなりお買い得と言えるので、レイトレを求めないなら今がチャンスといえます。

なお、FSR3はRX 6000seriesにも対応するということがあり、今買っても損はないといえます。
ただし、RX 6500XTやRX6400はエンコードがついてないので値下げしてもあまりおすすめできません。

intel Arc (第1世代)

intelにもGPU参入され、いよいよパソコン業界ではGPUには三大勝負になりました。

今回のintelのArcでは試作的なのか、ハイエンドモデルには責めず、あえて売れ域の良い RTX 3060をターゲットに勝負を挑みました。

Arcの型番の法則が他のメーカーと異なり、intelではCore i seriesのCPUとおんなじように100桁が「3」「5」「7」の数字がグレードが使われているのではないかと思われます。
今回は最上位の「9」に当たる番号はないみたいですが、完成次第では来そうな予感がします。

一方で消費電力はかなり高いですが、反面価格が安く、A770ではメモリも16GBと多いうえに全モデルには「AV1エンコード」にも対応しているので、格安動画編集PCにうってつけなモデルと言えそうです。

問題なのはぜんぜん販売している店頭にインテルGPUが見かけない点。
特にA770は価格が安く16GBというのが魅力的なので中々見かけないです。

おすすめ GPUランキング

ベンチマークデータ参考元
1位:NVIDIA Geforce RTX 3070
総合評価
( 4.4 )
メリット
  • 画質、価格、消費電力、レイトレ面すべてにおいてバランスのいいモデル
  • WQHDまでならカバーができる
  • 現状のGPUではこのモデルでも十分すぎる性能(RTX 2080 Ti並)
デメリット
  • 7万円とそんなに安くない
  • AV1エンコードが使用できない
  • メモリが8GBしかなく4Kは厳しい

BTOメーカーでも1位ですが、単体でも一番オススメできるモデルと言ったらRTX 3070です。
なんといっても強すぎるコストパフォーマンス。

性能はRTX 2080 Ti並の高さなのに価格が7万円程度とかなり安く買えるので新GPUが登場してしばらく経ってもこのまま残りそうです。

玄人志向 NVIDIA GeForce RTX3070 搭載 グラフィックボード GDDR6 8GB GALAKURO GAMINGモデル GG-RTX3070-E8GB/OC/DF/LHR
¥77,438 (2022/10/02 09:48時点 | Amazon調べ)
2位:NVIDIA Geforce RTX 3080
総合評価
( 4.1 )
メリット
  • 4K画質に最適な性能
  • 10万程度で購入できる、レイトレも最適
  • 10GBメモリと12GBメモリがあり、4Kでもあまりネックにならない
デメリット
  • 消費電力が高い(TDP:320w/350w)
  • AV1エンコード未搭載
  • 人気モデルで販売終了が近く、遅くなるほど品切れしやすい

おすすめGPU 2位は RTX 3080で、先程のRTX 3070と比較すると4K向けでスペックが高いですが、消費電力が高いのがネック。

最近は省エネのRTX 4080と比較してやはり電気面では見劣りするのようになりましたが、何を言おうと購入価格面では未だに勝っています。

ただし店頭によればもうすぐなくなりそうな感じなので、おそらくRTX 4070が登場した途端に引退しそうです。

3位:Radeon RX 6700 XT
総合評価
( 4 )
メリット
  • コストパフォーマンスが高い
  • 消費電力が低め
  • 12GBメモリはかなり嬉しい
デメリット
  • メモリ転送が低いので4K動作は難しい
  • レイトレ性能が見劣る
  • AV1エンコードが使用不可

おすすめ第3位はAMD Radeon RX 6700 XTです。

上位2モデルと比較するとRX 6000seriesはレイトレでは見劣りますが、レイトレとFSRが不要という条件であれば、昔よりも価格がだいぶ下がっていることから現在ではWQHDとしておすすめ!

上位2モデルと比較して12GBもメモリがあり、重い動画編集でも難なく動かすことも可能です。

4位:Radeon RX 6600 XT
総合評価
( 3.8 )
メリット
  • 消費電力が低め
  • 1ファンモデルもあり、ミニサイズでも使いやすい
  • 価格はかなりお手頃で RTX 3050とほぼ同額なのに性能が高い
デメリット
  • レイトレ性能が低め
  • AV1エンコードが使用不可
  • 4KとWQHDは難しい

おすすめGPU、第4位は RX 6600 XTです。
RX 6700 XTよりスペックが低く 8GBメモリしかないですが、おなじ128bitの8GBである RTX 3050と比較すると同じ価格なのにスペックが高いことからコスパ面ではかなり優れています。

5位:NVIDIA Geforce RTX 3050
総合評価
( 3.7 )
メリット
  • TDP 130wと低め(50番台であるが事実上GTX 1060 6GBやGTX 1660 SUPERなどの後継)
  • 高画質なレイトレが3万円から手に入れられる
  • ロークラスだが8GBメモリと多め
  • 消費電力が低く、小さいサイズが多いのでミニケースでも組みやすい
デメリット
  • コスパ自体はあんまり良くない
  • WQHDや4Kは無理
  • サイバーパンク2077などの重いゲームは厳しい

おすすめの第5位は NVIDIA Geforce RTX 3050です。
先程の上位2モデルと比較すると性能が見劣りますが、現状のスペックから見ても、FHDであればこのモデルでも十分なスペック。

130wと50番台にしては非常に高い消費電力、価格も従来の60番台並にグレードアップされたので、実施的には GTX 1660 SUPERの後継です。

とはいえロークラスのGPUではこのモデルが一択です。

スペックが近い RX 6500 XTはGPUでは標準なエンコードがなく、同じ性能の GTX 1660 SUPERではレイトレがないため価格が安くなっていますが、ハイエンドに比べて価格差が小さいのでやはり長い目でみたらこれかなという印象です。

MSI GeForce RTX 3050 VENTUS 2X 8G OC グラフィックスボード VD7986
¥37,172 (2022/10/02 10:19時点 | Amazon調べ)
最新版!現在のおすすめ GPU

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次