重要:ブログ再編に伴いマイクラに関連する記事はマイクラにすべて移転しました詳細はこちらへ!

ロマンあふれる鉄道のふるさと納税返礼品4つ紹介!【2023年10月現在】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
一般社員

本格的に楽しめる鉄道のふるさと納税を教えてください!

というテーマで疑問にお答えしていきます!

ふるさと納税といえば「肉」や「米」などの食べ物の返礼品のイメージが強いのですが、そんな今回はロマンな鉄道のふるさと納税がいくつかあったので「鉄道の日」に合わせていくつか紹介していきます!

ゴールドコイン

鉄道の日は10月14日である

今回の記事をおすすめする方
  • 鉄道好きでさらなるロマンを楽しみたい方
  • 高年収でふるさと納税枠がかなり残っている方

鉄道のふるさと納税を他に見てみたい方は楽天ふるさと納税にて検索がおすすめ!

目次

ロマンな鉄道ふるさと納税返礼品紹介!

今回紹介するおすすめのロマンな鉄道ふるさと納税は数ある中から個人的におすすめ判定をした厳選して4つ紹介します。

  • 【茨城県ひたちなか市】ひたちなか海浜鉄道湊線キハ205貸し切り乗車体験
  • 【熊本県】熊本電鉄の貸切運転体験プラン
  • 【群馬県前橋市】J-01 上毛電鉄 デキ3021運転体験 1人・2人ペア
  • 【三重県四日市市】「四日市あすなろう鉄道」で一日駅長体験

【茨城県ひたちなか市】ひたちなか海浜鉄道湊線キハ205貸し切り乗車体験

ロマンな鉄道ふるさと納税おすすめの1つ目がひたちなか海浜鉄道の貸し切り乗車体験です。

実車両が旧国鉄キハ20系で昭和40年に製造されたキハ20-522で、すでに製造から55年以上を経過している気動車にしては長寿命な車両です。

ゴールドコイン

国鉄時代の気動車は20年持てば良い方と言われたほど今よりも短命だった。

車内もほとんど国鉄時代のまま取り残しており昭和時代を感じさせるかなり貴重なレトロ車両です。

キハ20は保存車が多いものの、現役で動いている車両がいすみ鉄道のキハ52 125【製造時実番】や水島臨海鉄道のキハ20を含めて現在3両のみです。

そんな貴重な車両を貸し切り乗車できるのがこちらのふるさと納税商品ですが、

ひたちなか海浜鉄道湊線キハ205貸し切り乗車体験
  • 発行してから1年間で申し込みし放題【何度も使用可能】
  • 貸し切り乗車体験:勝田~阿字ヶ浦駅間を1往復乗車【途中下車不可】
  • 1度に乗車できる人数が50人まで

という商品になっています。

価格は¥340,000と価格面で見れば高収入者向けなのでなかなか手を付けにくい商品ですが、レトロな車両に乗ってみたい!という方にうっけつけな返礼品とも言えるでしょう。

茨城県ひたちなか市
¥340,000 (2023/10/10 07:55時点 | 楽天市場調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

【熊本県】熊本電鉄の貸切運転体験プラン

ロマンな鉄道ふるさと納税おすすめの2つ目が熊本電鉄の貸し切り運転体験プランです。

ここで注目なのが市ではなくが直接ふるさと納税を用意しているという特徴です。

1つ目のひたちなか海浜鉄道とは違い、こちらは乗車ではなく実際に運転を操作できます。
プランの特徴として以下のとおりです。

プランの特徴
  • 初回から半年まで何度も申し込みし放題
  • 北熊本車庫構内で100mほど試運転できる
  • 5形式から好きな1形式を選ぶことができる

北熊本の車庫構内で80~100mの距離を5形式の中から1形式好きな電車を運転することができます。

運転可能な車両
  • 5000形(通称:青ガエル)旧東急5000系※1両編成
  • 6000形:旧都営6000形
  • 1000形:旧静岡電鉄1000形
  • 01形:旧営団01系:16m車体
  • 03形;旧営団03系

車両の形式は昔都内で走っていた車両ばかりで01系や03系などはつい最近まで都内で現役で走っていたので昔懐かしい方も多いはずです。

また、5000形に関しては非常に貴重な車両で、2016年まで現役で営業運転していた最後の青ガエル電車です。

他の私鉄ではすでに引退していて、稼働できる状態なのは現状熊本電鉄だけです。

人気なゆえに経年もかなり長いことから予約が難しい車両と言えるでしょう。
それ以外の車両は通常通り営業運転をしているので営業状況を兼ねて入れる状況です。

スケジュールでは午前の部(9:00=12;00)と午後の分(13;30~16:30)に分かれており、以下の流れで実施されます。

スケジュール
  • 事前講習(運転取扱い方法及び各車両の構造などを説明)
  • 乗務講習(車両にて機器の名称、取扱い方法を説明する)
  • 指導講習(指導運転士による運転見本)
  • 運転体験(指導運転士がついて1名ずつ実車運転)

運転体験は1回につき10往復可能で、走行速度は10km以下を100m構内で走ることができます。

この運転体験に置いての注意点としては以下の5つが挙げられます。

注意事項
  • 参加者は中学生以上じゃないと運転体験できない
  • 必ずしも指定車両が使えるわけではない(特に青ガエルこと5000型は難しい)
  • チケットは1名の体験者と3名の見学者が利用可能、それ以上の人数は別途料金かかる
  • 土日祝日だけ予約ができる【ただし年末年始やGWは不可】
  • 予約は1ヶ月前から

平日ができないのは朝ラッシュが主な理由だと思われます。

また、指定車両ができない、予約1ヶ月前は営業運転を兼ねて実施しているわけなので優先的に営業運転が高くなります。

そのため確実にできるものではないと思って良いでしょう。

昔懐かしの車両を楽しみつつ運転体験できる熊本電鉄のふるさと納税をぜひともいかがでしょうか?

価格は¥154,000とこちらもまた高収入者向けですが、たくさんの車両でかつ営業車両を半年も予約し放題となると人件費的に安いといえる納税品と言えるでしょう。

【群馬県前橋市】J-01 上毛電鉄 デキ3021運転体験 1人・2人ペア

ロマンな鉄道ふるさと納税おすすめの3つ目が群馬県前橋市から提供する上毛電鉄のデキ3021を運転体験する企画です・

こちらも2つ目の熊本電鉄と同じく運転体験する企画ですが

熊本電鉄は電車に対し、今回の上毛電鉄は電気機関車を体験できます。

プランの特徴
  • 何度も申込可能【期間は不明】
  • 車庫内で機関車を120m区間運転体験できる
  • 食事や保険、移動費なども全て含まれている
  • 車庫内自由見学

昼食や集合場所から車庫までの移動費なども全部含まれているため赤城駅までの駅移動に必要な交通費を除けば手ぶらでも全然行けます。

お弁当は上毛電鉄限定のお弁当で車庫弁というここでしか食べれない弁当を食べることになります。

1日のスケジュールでは以下の通りに実施されます。

スケジュール

集合場所:赤城駅改札前 午前9時45分

  • 移動:上毛電気鉄道赤城駅→大胡電車庫
  • 講習
  • 昼食
  • シミュレーター
  • 運転体験 
  • 修了証授与
  • 移動:大胡電車庫→赤城駅 16:53着解散

この上毛電鉄の運転体験において注意が必要なのが2つあり

注意事項
  • 小学生以上じゃないと運転体験できない【中学までは同伴必須】
  • 同伴者の場合1人あたり別途¥4,000必須

弁当や運賃などの関係から基本的に本人だけしか利用できない仕組みになっています。
同伴などでは別途お金がかかるのでその点は注意しましょう。

気になる価格は1人分が¥40,000、2人分が¥70,000とリーズナブルで、意外ともう少し年収を上げれば行けそうな価格帯です。

当記事では機関車をおすすめに紹介しましたが、他にも電車運転もあるのでそちらも気になった方は合わせて体験するのも良いでしょう。

リンク先;https://a.r10.to/hNoFZn

【三重県四日市市】「四日市あすなろう鉄道」で一日駅長体験

ロマンな鉄道ふるさと納税おすすめの4つ目が三重県四日市市から提供する「四日市あすなろう鉄道」で1日駅長を体験できる企画です。

まず、四日市あすなろう鉄道ですが日本で元々少数派だったナローゲージの鉄道であり、現在旅客を載せた営業用としては3つ存在しているほど少ないです。

ナローゲージと普通鉄道との違いはレール幅や車体。
日本では一般的なレール幅が狭軌の1067mmですが、それよりも狭い762mmの幅が採用しています。

そのため通常の鉄道よりもかなり小さく感じさせる、路面電車と鉄道を混ぜたような見た目になっています。

さて、前置きが長くなりましたが、このふるさと納税の商品を解説します

この商品は名前の通り駅長の仕事を体験できるものとなっており、子供から大人まで人気のある経験です。

プランの特徴
  • 四日市駅で駅長経験が3時間ほどできる
  • 実際に駅員の服装
  • 車庫見学や乗車体験も含まれている
  • グッズ品や記念撮影がもらえる

など駅長体験するだけじゃなく車庫見学などナローゲージならばの線路幅や設備などを味わうことがデキます。

スケジュールでは以下のようになります。

スケジュール

集合場所:四日市駅改札 13:15

  • 任命式
  • 乗務員点呼・改札にて乗車券回収・列車出発合図・駅放送などを体験
  • 記念撮影
  • 管内巡視
  • 入替線乗車体験
  • 内部車庫見学
  • 勤務終了報告・グッズ贈呈

などで、時間はそこまで長くないので、他の観光をしてみたい方でも午後の部として割り当てることができます。

駅長体験の注意点としては以下の3つが挙げられます。

注意点
  • 制服によってサイズが合わない可能性があり
  • 台風等で実施中止する場合がある
  • 申込みは何度も可能だが1回しか利用できない?【未確認】

制服は色んなサイズがあるものの流石に規格外のサイズが用意されてない場合があるそうです。
一般的な大人や、あとはひょっとしたらこの企画のために子供用が用意されている可能性があります。

ただ、体型的にもあるので、この体験を楽しむのであれば普段から健康状態で保つのが良いでしょう。

くろと

流石に筋肉マッチョすぎて着れないってこともあるからほどほどにね

そして肝心のふるさと納税の価格ですが、¥150,000からとやはり高収入者向けと言える企画です。

色んな経験が詰め込んでいるのでそのぶんめちゃめちゃ楽しいかもしれません。

結果・感想

今回は鉄道の日ということでふるさと納税と組み合わせて紹介していきました。

食べ物とは違って経験を購入できるものなので1度思い切りやってみるのもいいとは思います。

他にも鉄道に関するふるさと納税があるので気になった方はぜひとも見ていくと良いでしょう。

以上参考になると幸いです。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次