重要:ブログ再編に伴いマイクラに関連する記事はマイクラにすべて移転しました詳細はこちらへ!

Vtuberを始めるにはお金がかかる?相場価格を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
一般社員

Vtuberを始めるのにお金はかかると聞きました。
なぜこんなにかかるのか、そして初期費用の相場を教えてください。

というテーマで疑問にお答えをしていきます。

近年、Vtuber(バーチャルYouTuber)の人気が急上昇しています。

誰でも気軽に始められるように見えますが、実は初期費用が非常にかかることをご存知でしょうか?

くろと

そうなの!?結構な数がいるから格安だと思ってた!

ゴールドコイン

高すぎる買い物だ・・・個人的にあれは投資よりも浪費と言えるよ

本記事では、Vtuberを始めるために必要な機材やソフト、相場価格などを解説します。Vtuberを始める前に、ぜひ参考にしてください。

目次

Vtuberの初期費用は高い

Vtuberを始めるために必要な機材やソフトは、以下の通りです。

代表的にかかるもの
  • パソコン:13~80万円(13万円はRTX 3060を想定)
  • 机:1万円
  • 椅子:2万円
  • WEBカメラ:1~2万円(スマホに代替する場合あり)
  • マイクとオーディオインターフェース:2万円
  • キャラ作成:15~100万円
  • キャラのロゴ:1万円
  • キャラの動作:2万円
  • VRやトラッキング:5~50万円

このうち、パソコンカメラマイクは必須の機材です。

ゴールドコイン

人によってはスマホだけで完結することもあるけど、Youtube相手となればほぼ高性能なPCは確実に必須

また、キャラ作成やキャラのロゴ、キャラの動作は、こだわり次第で費用が大きく変わってきます。

上記の機材やソフトをすべて揃えると、最低でも35万円程度の費用がかかります。

くろと

高すぎない・・・!?

ビジネスの基本とする小さく始めるのに、35万円は高すぎると感じる人も多いのではないでしょうか。

  • ブログ:最低でも7万円であれば可能(ラッコRK1プラン+PC5万円)
  • YoutubeやSNS運用:スマホ1台でも実用的(2万円~)
  • ゲーム実況:5万円のPCで十分(Geforce Nowで遊べるため)
  • 店開業(飲食店):1,000万円
  • キッチンカー:400万円
  • 不動産投資:1,000万円~

Vtuberは店やキッチンカー、不動産投資だと1000万クラスよりかは遥かに安いです。

しかし一方でブログやゲーム実況をしていくよりかは非常に高価なことがわかります。

35万円の数値は法人からすれば非常に安いですが、個人からすれば超高額

趣味程度で面白半分ならまだいいですが、本気で挑むのであればちょっと高すぎる出費だと言い切れます。

ゴールドコイン

今の時代、初期投資を欠ける時代じゃないので、それだったらYoutubeやブログ、そしてVroidといった無料ツールで使ったほうが賢明です。

個人VTuberの初期費用はゼロから1万円、10万円などのケースも

個人VTuberの中には、パソコンやWEBカメラ、マイク、スマホ(iPhone Xs以降)をすでに持っている人や、無料のソフトフリー素材を使用している人もいます。

そのような場合は、初期費用をゼロから1万円、10万円などのケースもあります。

しかし、パソコンやカメラ、マイクが古い場合や、無料のソフトやフリー素材では、品質や機能が劣ってしまう可能性があります。

そのため、Vtuberとして本格的に活動したい場合は、ある程度の初期費用は覚悟しておきましょう。

にゃもも

ガチなVは200万以上もかけているから、この辺はキッチンカーと変わらない覚悟は必要ね

Vtuberの初期原価回収ができないまま引退するケースも

Vtuberは、人気が出れば大きな収入を得ることができます。

しかし、人気が出るまでには、相当な時間と努力が必要です。

また、2020年のコロナを境に一気にVtuberが増えてからは需要に対し供給が上回ることから今ではレッドオーシャン化されています。

そのため、初期費用を回収できずに引退するVtuberも少なくありません。

特に個人では集客も難しく、なかなか稼ぎにくいと言った事実も会って、現状はとくにおすすめしないのが実情です。

Vtuberを始める前に、事前にしっかりと準備をして、成功するためのプランを立てることが大切です。

ゴールドコイン

個人的にはスペシャリスト型のVtuberがおすすめ!

まとめ

Vtuberを始めるには、初期費用が非常にかかることを理解しておきましょう。

パソコンやカメラ、マイクは必須の機材です。

また、キャラ作成キャラのロゴ、キャラの動作は、こだわり次第で費用が大きく変わってきます。

個人VTuberの中には、初期費用をゼロから1万円、10万円などのケースもあります。

しかし、Vtuberとして本格的に活動したい場合は、ある程度の初期費用は覚悟しておきましょう。

Vtuberは、人気が出れば大きな収入を得ることができます。

しかし、人気が出るまでには、相当な時間と努力が必要です。

ゴールドコイン

努力といっても、リスナーを楽しませるゲーム配信などはほぼ無理と言っても良いぐらいレッドオーシャン

そのため、初期費用を回収できずに引退するVtuberも少なくありません。

Vtuberを始める前に、事前にしっかりと準備をして、成功するためのプランを立てることが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次